自分をあるがままに受け入れる難しさ

自分を、あるがまま、そのままを受け入れるって本当にむずかしい。

常に「なにかをしなくちゃいけない」と、
無意識にがんばってしまう。それって受け入れられてないから。

だから、身体や心が緊張して、こわばってしまう。

わけもわからず、疲れてたり、なんだかやる気=生きる力が湧いてこない。

なのに、もっとがんばらなきゃって、自分を追いやってしまったり。

あげくのはてには、病気になってしまったりね。(つい最近のこと 苦笑)

私が、エサレンやクラニオのセッションにはまるのは、
(行うのも受けるもの両方♡)

ただそのままの存在を感じ、受け入れ、そこに共にたたずむことが、

その存在に対する、ものすごく「本質的な愛」だと気づいたから。

だから「ラビング・タッチ」と呼んでいます。

私がセッションを行う理由は、

自分を信じる。
相手を信じる。

「無条件で本質的な愛」のため。

自分の可能性、相手の可能性を信じる。そしてただひたすら信じる。

ようやく、かちかちだった身体とこころが
少しづつ、溶けてきた気がする今日このごろ

これを、ココロの部分からアプローチしたら、私の場合は、すごく時間がかかって難しそう。

でも、身体からのアプローチだから、続けられるのだなと思います。


コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。