2012エサレン認定コースで体感したこと♡

今回のバリでの「エサレン認定コース」で感じたこと


その1:「継続というパワー」


繰り返し繰り返し行うことで、身につきそれは力となる。
そしてそれは毎日歯を磨くように、「習慣」になる。


それは、この奇跡の3回目(初回のときは、もう2回目はないだろうと思うほど、すべてが初めてのことでとても大変だったので)となる認定コースであり、情熱をもって学び続けている心と身体のことであり、夜明けとともに毎朝行ったヨガでもあります。

 

この「継続のパワー」を体感できたとき、「私には無理。。。」という自己否定から脱却し、自らを愛しはじめることが可能になった気がします。

その2:

「孤立でも依存でもない心地よい人間関係。キーは境界線」


二人で背中をあわせ、脚をのばして座った状態で、お互いによりかかったとき、遠慮したり、しなかったり、緊張していたりするとちょうどいいバランスで支え合うことができないし、どちらかもしくは両方が居心地の悪さを感じてながくその状態で座っていられないように、自立がいつのまにか孤立になっていたり、サポートしあっているはずが「共依存」に陥っていたりすることが多い人間関係。。。


 自分の「境界線」を認識することで、相手と、自分自身とちょうどよい関係性を保つことが可能なんだということに、あらためて体感。


それは、この認定コースを3年続けて一緒に運営しているパートナーとの関係性でも証明され(1カ月間同室で24時間ほぼ一緒でも心地よくすごせるのですよ♡)、

 

ティーチャーのエレンや生徒さんとの関係性でもこの「境界線・バウンダリー」がキーなんだな。


「境界線」について、ティーチャーであるエレンの言葉:「境界線は壁や制限じゃない。気づきを持てば、広がったり縮んだり自由自在に動くもの」

生徒さんからシェアされた言葉:「境界線は他者との間にあるだけじゃない。自分のなか、自分との間にも存在する」。

この境界線は私にとって長年の継続したテーマでもあるけれど、今回はプログラムを通して体感できた気がします。
この境界線を体感できたのも「継続した訓練」のおかげなんだろうな~。


「気づく・今ここにいる」という気づきの筋肉が繰り返し行うことで少しついてきたという現れかもしれないなと思います。
エサレンってマッサージの認定コースなのに、こんな学びが深いのですよ


それは、安全に守られた環境と、受容し合う仲間のなかだからこそ深く探求できるのだなぁ。


普段の生活のなかで、同じことをしようとしたらすごく時間がかかるし難しい。。。

 

けれど、一か月間24時間、常に「感じ続ける」んだもの。しかもそれを後押ししてくれるティーチャー、プログラム、仲間の存在があるからなしえるのです。


ただいつも残念なのは、このせっかくの学びが日常の生活のもどると、少しずつうもれていってしまうこと。


得たものをひとつでもふたつでも、日々感じて、繰り返して身につけて自分の一部とすることができるように「習慣化」~毎朝3分好きな音楽かけて自由に踊るとかね♡


認定コース中の学び・プロセスは、いまも継続中~