プロフィール

大田 雅子
 タッチ、音叉、声、ムーブメントと、さまざまな感覚へのアプローチをとおし、
「体感する」という探求を続けるソマティック・アーティスト
(ソマティック=身体を、こころ・身体・魂の三位一体としてとらえる)

 

  • ハワイ州認定マッサージセラピスト(CMT)
  • カリフォルニア州EMBA認定エサレン ボディワーク®プラクティショナー
  • エサレン®プラクティショナー養成コース通訳
  • たらちね助産院認定ベビー& チャイルドケアマッサージアドバイザー
  • Liddlekidz Foundation認定自閉症タッチセラピー指導者
 
 
からだに触れることを職業として14年程になります。ハワイでのマッサージ修行時代、外資系ホテルスパ勤務などをとおして、6000人近くのお身体に触れさせていただきました。
 
マッサージとの出会いは、ハワイ。
20代以降海外と日本を行き来し、外資系金融、広告業界にて
勤務しているうちに、激務やストレスから体調をくずしハワイへ逃亡。

2003年にハワイマッサージアカデミーを卒業(930時間履修)し、同年、ハワイ州認定マッサージセラピストとなりました。
 
日本帰国後、ホテルスパブームの中、都内外資系ホテルにて
トレーナー/スパ・スーパーバイザーとして5年勤務。
 
もう30台後半だった私を雇ってくれた当時の総支配人に感謝です!
 
20台の若いセラピストたちと一緒に、汗と涙(?)を流しながら毎日楽しい日々。
 
素晴らしい仲間たちと出会い、いまも姉妹のような(親子程の年齢差のある子もいますけど)おつきあいが続いています。
 
そしてエサレン マッサージやクラニオ セイクラルという、
生涯を通して探求し続けられる素晴らしいボディワークに出会いました。
 
8年程前、フリーのセラピストとして独立し、都内産婦人科にてアロマテラピーとともに、エサレン マッサージとクラニオ セイクラルを融合したトリートメントを産後のお母さまたちに行っています。
 
また東急線自由が丘に「ラビング・タッチ スクール&サロン」を、葉山・森戸海岸に「ラビング・タッチ葉山リトリート」を主宰し、産前産後ケア&マッサージ講座、マッサージ・セッションを提供しています。
 
「ふれる=ふれられる」ことの大切さを伝えるべく、セッションを通してだけでなくベビーマッサージ講師としても、またセラピスト養成講師としてももっともっと活動していきたいと思っています。
 
インド伝承医学であるアーユルヴェーダの知恵に大変興味を持ち、『美しく元気に寿命を全うする』ために、生活法、食事学を日々の生活にとりいれるべく、学びを深めています。
 
また、バリにおけるエサレン マッサージ認定コースの通訳として、この7年ほど、新しいエサレンプラクティショナーたちの誕生にかかわることができることも大きな喜びです。
 
私自身も毎年、初心に戻ることができる貴重な数ヶ月を毎年バリで過ごしています。
 
様々な形のボディワーク、心理療法、代替治療に興味を持ち今も学びを深め続けています。いわゆるマッサージおたくです(苦笑)

今は、音叉療法にしびれています!


ボディワーク
● エサレン・ボディワーク by Ellen Watson/Char Pias/Oliver Bailey/
Vicki Topp/Robin Fann/Tom Case・Jessica Fagan/ 
● モダンリンパドレナージュ by Daniel Mardon
● マタニティタッチ by アロマテラピーの学校
● ベビー&チャイルド・マッサージ by たらちね助産院
● タイ・マッサージ by Conrad Bangkok
● ホットストーンマッサージ by Hawaii Massage Academy
● ロミロミマッサージ by Blenda Ignacio
● 発達障害児タッチケアセラピー by Liddle Kidz/Tina Allen
● クラニオ・セイクラル by 藤牧経乗氏/Upledger Institute
● エナジェティック・オステオパシー by Tom Shaver D.O.

ヒーリング
● スピリチュアル・タッチ by Maria Lucia
● エソテリック・ヒーリング by Tom Shaver D.O.
● サウンド・ヒーリング by 増川いづみ博士

心理療法
● ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス by Christine Price

哲学/思想/ムービングメディテーション
● アーユルヴェーダ “薬草学・食事学” by 安藤るみ子医師
● 5リズム&エクスタティック・ダンス by Ellen Watson
● バイオダイナミック胎生学 by Bread Shumid
● タラソテラピー by Lyomer
● センサリーアウェアネス by Judyth O. Weaver